Oculus bis
Salon de Oculus
未来の展示
2016年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

第30回 芥川龍之介とその周辺の人達

日時

2014年09月20日 15:00-17:00

会費

1,500円(ソフトドリンク付き)

概要

おかげさまでサロン・ド・オキュルスは30回目を迎えます。つきましては、前回好評だった小野塚力氏に再びご登場いただき、ウィリアム・モリスと芥川龍之介についてお話しいただきます。今回はウィリアム・モリスに視点を置いた二部構成内容になります。前半はモリスについて、後半はモリスを卒業論文のテーマにしたと言われている芥川とモリスとのかかわりについてです。

〈前半〉
ウィリアム・モリスをめぐって/ラファエロ前派とモリス/モリスとロセッティ/詩人として/作家として
〈後半〉
貴婦人と一角獣からはじまる文学史/ハーンとモリス/山宮允と芥川/芥川とウィリアム・モリス/芥川の王朝ものについて

※前半と後半の間に休憩。後半終了後に質問にお答えする時間も設けます。

語り手

小野塚力(おのづかりき)
二松学舎大学大学院文学研究科国文学専攻博士前期課程修了。専門は芥川龍之介。日本キリスト教文学会会員。
主要業績に「芥川龍之介『龍』試論」(二松学舎大学「人文論叢」第59号)、「芥川龍之介『芋粥』論」(「日本文学の創造と展開近現代篇」)平成13年12月21日、勉誠出版刊)など