過去の展示室
過去の展示室
2016年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1993年
1989年

1987年04月18日〜1987年04月26日

ローマングラスとペルシャ陶器展

砂漠に埋もれて銀化という謎の光彩をつけたローマン・グラスを中心に、紺碧のイスラム陶器・ランプ・トンボ玉等の愛らしい骨董を集めました。

1987年02月28日〜1987年03月18日

―モノトーンの巨匠たち―

ルノワール、ロートレック、ボナール、マティス、ドニ、ルオー、ヴラマンク、マルケ、ヴァンドンゲン、ピカソ、ユトリロ、ローランサン、バスキン、藤田、シャガール、キスリング、ビュッフェ……等の巨匠たちの珍しいモノトーンの版画だ […]

1985年11月22日〜1985年11月29日

斎藤正人作陶展

■1944 新潟に生れる ■1979 箱根芦の湯に芦刈窯、築窯 ■1984 伝統工芸新作展入選(黄瀬戸組皿) ■1985 伝統工芸新作展入選(黄瀬戸組皿)

1984年06月30日〜1984年07月21日

ジャン・コクトー展

「私の耳は貝の殻 海の響きをなつかしむ」と歌ったピカソをして「天才だ!」と呼ばせた画家でもありました。寡作ですが油絵、パステル、版画、陶器、タピストリーに及ぶ華麗な活躍は、とても詩人の余技などといえるものではありません。 […]

1983年03月22日〜1983年03月31日

渡辺啓助個展 詩と書と絵 鴉展

 私は画家でも書道家でもありません。おもて向きは一応推理作家といわれ、半世紀の長きにわたって原稿生活を続けて今日にいたりました。年老いてどうやら失語症になったらしく、絵や書でもかいてるほうが、文章を作るよりはしんどくない […]

1982年07月15日〜1982年07月31日

アムスレーとアルバルダネ銅版画展

■エステル アルバルダネ 1947年 スペイン バルセローナに生れる 光と影、空間と時間を主題として、その中に鳥や女や樹々達が織りなす時空の形而上的風景 ■マルセル アムスレー 1928年 パリに生れる 乾燥花めいた繊細 […]

1981年12月15日〜1981年12月26日

マリオナ・サナウーハ パッチワーク展

パッチワークの天才マイオナ・サナワーハはマジョリカ島生れのスペイン女性。 パッチワークは婦人向手芸として一般的であるが、彼女の作品は既に手芸の域を超えて別種の芸術ジャンルとして独特の風格を見せている。 同じパッチワークの […]

ミロについて――  不思議な国スペインその中でも特に不思議なのはカタルニア地域です。カタルニアには、現代芸術の巨匠たち、ピカソ、カザルス、ミロ、ダリ、ガウデイなどの大天才群が続出した土地柄であることを考え合わせると(スペ […]