過去の展示室
過去の展示室
2019年
2018年
2017年
2016年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1993年
1989年

誰でも一度は鴉だった。この呪文にかかって十年余、やっとのことカラスを友にしうる境地に達したと思いきや、今回、鴉の啼かぬ日あれど鴉を画かぬ日なしという渡辺先生の近作に接しわが未熟を思い知らされた。すでに友らは枯淡の域を飛び […]

小さな音や光、小さなエスプリ、小さな詩集、ミクロの世界、小さな旅、そして、小さな物達。それらが、心の中を大きく占めることがあります。今回は、そんな宝石のようなスピリチュアルな存在を展示いたします。 阿部愼藏、板橋順二、小 […]

1996年03月11日〜1996年03月19日

堀浩哉展 KOSAI HORI EXHIBITION

風が誰の眼にも見えるなら、鳥はどんな方法で人の手を逃れるのだろう。ふと、視界から消える鳥。風の句読点を、まだ、見たことがない。 堀浩哉「継ぐ風」に寄せて・和泉昇

1995年10月24日〜1995年10月31日

原田武眞油彩展 Bushin Harada Exhibition

技術とは、刺激し、高揚させ、それを生きたまま取り込むこと。 B.Haradaの絵の中で、それらは、とても静かに進められる。 何かしら厳粛なる手技。後方の星のようなもの。精神の受胎告知。 和泉昇

1994年10月06日〜1994年10月15日

アートグッズ展 ART GOODS EXHIBITION

おなじみの作家たちがそれぞれの作品を持ち寄って遊びます。従来の個展ではなかなかスポットをあてられない小品群ですが、それぞれの作風の基本Fundamentalsはきちんと守りながら実用性・日実用性・の楽しさFun、”ひねり […]

1994年09月19日〜1994年10月01日

醍醐イサム個展 再びのD 再び

1976- 自由美術展(1979佳作、1994自由美術賞) 1978/92 日仏現代美術展(パリ・グランパレ、東京都美術館) 1978-83 埼玉美術の祭典(埼玉会館、埼玉近代美術館) 1990 日本国際美術展(東京都美 […]