作家の部屋
作家の部屋
阿部愼藏の部屋
Visual Poetry(視覚詩)の部屋
三ツ橋渡郎の部屋
高山ケンタの部屋
砂田千磨の部屋
石田正明の部屋
中山豊の部屋

不要の古い機械や道具などがあったりすると、三ツ橋渡郎は獲物のにおいを嗅ぎつけた猟犬のように現場に駆けつける。彼のお目当ては、獲物の脂がのった肉や立派な角などよりも、解剖学者ぐらいしか興味を示さないであろう小さな臓腑だったりする。だから三ツ橋渡郎のアトリエには、機械が機械であった時代の錆びた歯車だとか、禁酒法当時のものと思しき変色した横文字の荷札といった、意表をつく《ガラクタ》が散乱している。

三ツ橋渡郎は、それらの《ガラクタ》を駆使して、まったく別の物を作ってしまう。何者でもなかった物から何かの物を作るのは、古今東西普遍的な創作である。何かの物から何者でもない物を作るアートもあるだろう。「何かの物から別の何かの物」に辿り着く彼の作風には、終始物に裏付けられた確かな存在感がある。


――この部屋に展示した小さな写真では、そんないきさつまでは視認できなくて申し訳ございません。現在のところ容量の関係上、一部の4作品のみ大きなイメージを用意しましたので、写真をクリックしてみて下さい。

  • mitsuhashi001
  • mitsuhashi002
  • mitsuhashi003
  • mitsuhashi004
  • mitsuhashi005
  • mitsuhashi006
  • mitsuhashi007
  • mitsuhashi008
  • mitsuhashi009
  • mitsuhashi010
  • mitsuhashi011
  • mitsuhashi012
  • mitsuhashi013
  • mitsuhashi014
  • mitsuhashi015
  • mitsuhashi016
  • mitsuhashi017
  • mitsuhashi018
  • mitsuhashi019
  • mitsuhashi020
  • mitsuhashi021
  • mitsuhashi022
  • mitsuhashi023
  • mitsuhashi024
  • mitsuhashi025
  • mitsuhashi026
  • mitsuhashi027
  • mitsuhashi028
  • mitsuhashi029
  • mitsuhashi030
  • mitsuhashi031
  • mitsuhashi032
  • mitsuhashi033
  • mitsuhashi034
  • mitsuhashi035
  • mitsuhashi036
  • mitsuhashi037
  • mitsuhashi038
  • mitsuhashi039
  • mitsuhashi040
  • mitsuhashi041
  • mitsuhashi042
  • mitsuhashi043
  • mitsuhashi044
  • mitsuhashi045
  • mitsuhashi046
  • mitsuhashi047
  • mitsuhashi048
  • mitsuhashi049
  • mitsuhashi050
  • mitsuhashi051
  • mitsuhashi052
  • mitsuhashi053
  • mitsuhashi054
  • mitsuhashi055
  • mitsuhashi056
  • mitsuhashi057
  • mitsuhashi058
  • mitsuhashi059
  • mitsuhashi060
  • mitsuhashi061
  • mitsuhashi062
  • mitsuhashi063